BLOGブログ
BLOG

武蔵村山 ひるま整骨院 症例報告~顎関節捻挫~

2016/03/03
ロゴ

20代 女性

<主訴 発生機序>

顎の疼痛、運動時痛。 子供が顔に乗っかってきた際負傷。

<症状>

自覚症状:外れるような感覚があった後痛み。顎は動くが、真っすぐ開かない感じで痛みもある。

他覚症状:陥凹、腫脹なし。圧痛、自動運動痛あり。脱臼症状はないが、筋、靭帯の損傷の可能性。

<既往歴>

顎関節脱臼

<経過>

脱臼症状はないが、筋・靭帯の損傷があるためマイクロカレント及び頬骨前面の軽擦を5分間を後療とした。

包帯固定することなく、脱臼、顎関節症症状もなく経過良好。